読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷妄ジャーナル

minokitiの脳内だだもれ、個人的な記録。

人がかわると音がかわる。

far franceのときもおもったが、人がかわると全体の音もかわっていくのね。新しいベースさんになってようやくみれましたAS MEIAS。多分、来週あたりでる新しいCDの曲もやってたんかな?昔はキレイ系美メロに絡むリズムなイメージだったけど、久々のライブはかなりグイグイ系で、しかも4つの楽器とも、よくそのリズム&メロディーであわせてくるなぁ!変態!っていいたくなるような音組みだった。繊細かつ大胆な織物のようだ。素人耳の感想。ちなみに初めてアスメイアスみたのは、ERAでしたね。5年くらい前?しかも2代目ベースさんの初参加だったのか、あまり一緒にライブしてなかった時期なのか。妙な緊張感があったような。その後みたときは、しっくりきてたけど。今回3代目ベースさんは、かなり好みの低音域だけど、ゴリゴリきてかっこいかったです。前は優しい太さだったけど、今は重みのある太さといいますか。sgt.は、初めてみたけど、バイオリンや鍵盤やらのウワモノと、リズム隊の絡みがおもしろかった。その次のakutagawaは、メロディー的には好きだが、ボーカルさんの声質がちょい好み系じゃなかった。まぁ、全てが全て好きって人間もいないから仕方なし。主催のheaven in her armsは、とにかくベースの低音域の音圧が物凄く、耳栓してても堪えられず、途中でリタイア。でも、轟音ぷりはかっこよかった。音楽としては好きなほうなんだけどね。すみません、いかんせん年なもんで…。

そんななか、ERAの下のリンキーディンクでりょーさん、ひさしぶ帰還による林檎スルメ会*1が開催されてました。わたし、だいぶ前からライブ楽しみだったし、全部みたかったから転換中に見に行ける場所=ライブハウス下にしてもらった。急遽、代打ベースを弾いて時折戸惑うナンサンをみるのは、かなり貴重。たのしい(笑)相変わらず、ほそちはギターをもつと、俺様に変身。車に乗ると性格かわるみたいな。そこが彼のいいところ。りょーさんは、相変わらずそうでした。ドラムさばきが。ちなみに林檎などのスコア、全部ないから、覚えてないし、耳コピでもせんと、ひけないんだ。。。全部コピー機でだしたスコア、断捨離しちまったよ。

*1:2008年に椎名林檎のコピバンを夏にやったの。Ryo-さんの送別ライブ的な。