読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷妄ジャーナル

minokitiの脳内だだもれ、個人的な記録。

テキサスパンダ、解散ライブ。

今日は渋谷LUSHにて開催されたライブイベントに、FTG女子ズ(=リーダーとマルコフ)といってきた。

テキサスパンダは今日で解散らしい。

聞き始めたのはいつだったっけ。残響きっかけだろうか?G.A.Lの誰かきっかけだろうか?いつのまにか知ってきいてたな。なで彦さん日記もよくみてた(業務中にみてはいけない色使いとフォントサイズだったが、業務中に限ってよくみていた)。

なで彦さんに認識される前。ヒトミシリな私はひとりでこそっとテキパンのライブにいって、どきどき(にやにや)しながら、ひっそりと見ていたな。「きゃっ、テキパンのひとたちだわ」なんて思いつつ(ほんとか?)。

FTGはある種ツイッターバンドなんだが、あの時代のツイッターだったからこそ、なで彦さんとお知り合いになれて、FTG女子ズにもであえて、みんなでFTGできるようになって。

と、思うとねー。

わたしのFTGへの道のりは、テキパンのファンになったところからはじまるような気がするから、今日で解散といわれると、軌跡のひとつが実体を失うようで、どうしようもなく寂しいのです。他のバンドの解散でも寂しいなあと思うけど、FTGが絡むので、違う感慨がプラスされてるんだろうね。

そこはさておき。

今日のライブは、(見ているほうの勝手な思いいれがあるからかもしれないけど)音がステージ中央にぎゅーっとつまっていて、かなり気持ちよく楽しいライブだったな。アサコさんとデガワさんの弾き姿は個人的にエモくて胸キュンしまくり、カズさんのギターは小物使いも激しく、なで彦さんはいつもにましてしゃきっとドラムを叩いていたのが印象的だった。とにかく、目にみえないなにかが音につまって、音がもりあがるとき、こちらの心も一緒に盛り上がれるという、うまくかけないけどとにかく楽しい時間だったなーっと。きもちよかったな。うん、きもちよかった。この「ぎゅーっ」って感じが得られたライブは、as meiasぶりかも。音、全然違うんだけどね。

それと。

更に個人的なことだと、あのライブハウス、昔1度だけいったとき以来で、新しい思い出を上書きができたので、それも満足。

終わったあと、FTG女子ズでカラオケへ。マルコフがクリームを服にべたーっとつけたり、掘りごたつでこけて激突してきたり、リーダーがソウルでやっているSuper Juniorのイベントに心を飛ばしまくっていたりと、なかなかカオスだった。

ちなみにわたしは、平穏に好きな曲を、空気無視してうたいまくっていましたとさ。

いつも支離滅裂だけど、今日の日記もひどいな。ま、いっか。